2017/11/19

Day off

先日のお休み
久しぶりに友人とのランチ。

この仕事をしているとどうしても
外でランチをする機会が少ない。

ボジョレー解禁!という店頭のポスターに
まんまと引っ掛かってしまい
お昼からワインを飲んでしまいました。

それでスイッチが入り(笑)、駅前の丸昌へ。

平日の13時だってのに、店内満席。

カウンターには真っ赤な顔で、
もつ焼きをつまみに熱燗を飲んでいる
おじいさん達がズラリ。

昼の12時から飲んでるという
隣のおばちゃんたちには
息子さんの結婚相手にならないかと
ひたすら口説かれ。.

実はこういうのが私はとても好き。

お酒というたった一つの共通点だけで
仲良くなれちゃうんですもんね。

お酒ってスゴイ…

それからまだまだ私の休日は続くわけですが…

とても良い休日を過ごせました。

Shiori Takahashi
2017/11/18

HAPPY

先日、常連の女性のお客様が
お誕生日ということで
お友達4人でご来店して下さいました。

しかも、誕生日当日は
是非カリフォルニアで過ごしたい!
というご本人の希望で予約までして下さり…。

一緒にハッピーバースデートゥーユー♪
を歌ってお祝いさせていただきました。(笑)

卓次郎さんからは綺麗なバラをプレゼント。

一年に一度の大切な日に
Bar Californiaを選んで下さり、ありがとうございます。

とっても嬉しいことです。

沢山のHAPPYを共有させてもらえて
とても幸せな仕事だなあ。

誕生日、記念日、もちろんちょっと良いことがあった日
是非Bar Californiaへ。

誕生日にはハッピーバースデートゥーユー♪
全力で一緒に歌います(笑)


Shiori Takahashi
2017/11/16

秋の夜の絶景

冷たくなった空気が、間近に迫った冬を感じさせるこの頃。
今年の秋は足早に通り過ぎ、年末に向かって時間の流れが加速していく
のでしょう。
ふり返ってみると、秋の行楽らしいことは何も無かった…。
いやいや、まだ間に合う!と思い、
松島の円通院のライトアップされた紅葉を観に行った。

庭園の、ライトを浴びた夜の紅葉は圧巻で、美しいの一言。
特に、静まりかえった夜の黒い池に映り込む紅葉は
言葉が出ず、息を飲む美しさ。
ずっと見ていたい幻想的な世界です。
IMG_E0025.jpg
今回、訪れたのは2回目だが、5年前に来た時より進化していた。
照明も増えたし、洞窟の中の墓石にプロジェクションマッピングで
絵を映しだしていたり、幻想的な雰囲気に合わせた音楽の演奏会が日替わりで行われている。
心に感動がたくさん溜まる素敵な時間が過ごせます。

それにしても、人の多さには驚いた。
日曜日ということもあり、
車を停めるのにも苦労し、チケットを買うのにも並び、
入場する為の列では、入るまでに30分以上かかった。
でも中に入ってしまえば、思ったほど混雑していない印象でした。

今年で13回目を迎える円通院のライトアップ。
人出の予測は、10/28(土)~11/19(日)の23日間で6万人。
僕が行った日の混雑状況をみると、
いや、もっと来るでしょう。と、思った。

夜間拝観料が大人500円。
仮に6万人として、1人500円払ったら?
23日間で3000万円!
子供料金があったり、日中の参拝も数えたり、団体割引なども
あるかもしれませんが、それでもすごい金額です。
もともと持っている資源に、ライトアップという切り口での集客は
身近に潜む可能性を改めて感じた。

Takujiro Sasaki
2017/11/12

思い出のお蕎麦屋さん

ある日のお昼時。お腹すいた~と
久しぶりに入った家の近くの
”お城のお蕎麦屋さん”

家族でよく食べに来ていたお蕎麦屋さん。

小さい頃の記憶では、もっと大きくて広くて
本物のお城みたいで、
とっても大好きな蕎麦屋だった。

この歳になってもまだワクワクしてしまう。

大好物の海老の天ぷらが2本ついた
天ざるそばを頼む。

私も大人になったなぁと
なんだか嬉しいような切ないような。

ただの蕎麦屋さんだけど
不思議な気持ちになったひと時でした。


Bar California
このお店もお客様の色々な想い出が
集まるようなお店であれたらいいです。

Shiori Takahashi
2017/11/09

赤い実

多くの木が実を熟す季節ですが、
今、ルーシーNYでも赤い実をつける植物がある。

『いちごの木』
いちごといっても、あの苺ではなく、
ヨーロッパ原産のツツジ科の常緑樹で
赤く熟した果実の表面のイボイボが苺に似ていることから
『いちごの木』と呼ばれるようになったようです。
でも、苺より、ヤマモモの果実に似ています。
IMG_0008.jpg

花の少ない晩秋に花が咲き、その後、1年にわたって果実の成長が見られる木で
今、赤くなっている実は、昨年の今頃に咲いていた花が受粉して実を結んだもの。
だから、今、スズランのような可愛らしい花がたくさん咲いていますが、
虫たちによって受粉した花が、次の夏頃に緑色の実をつけ、
赤い実になるのは来年の今頃。ということになります
花と赤い実を同時に楽しめる珍しい植物です。

この赤い実は食用として利用されているようなので、3つ食べてみた。
『思ったより美味しい!』
でも、生食には適さないようで、ヨーロッパでは、ジャムやリキュールとして利用され、
ポルトガルでは、メドローニョというブランデーの原料となっています。

ルーシーNY入口で、赤い実を見つけたら、1個食べてみてはいかがでしょうか。

Takujiro Sasaki
2017/11/04

Drink Menu

22780526_1707437405993933_4910002841702410766_n.jpg



10月も終わり、街の装飾もハロウィンから
突然クリスマス、イルミネーション。

東北の秋はホントあっという間です。

ということでBar Californiaも冬仕様。

Food Menuに加えてDrink Menuも
変わりました!!

人気の
ゴディバチョコレート&ミルク
自家製コーヒーウォッカミルク
HOTでもICEでもお楽しみいただけます。

ビアカクテル モナコ、ハワイアンパナシェ。
どちらもビールが苦手な方でも
美味しく頂けるカクテルです!

そして自家製はちみつレモネード

自家製のはちみつレモンシロップと
レモンウォッカでさっぱり甘酸っぱいカクテルです。

寒い冬はBarでホッと一息。
是非新メニューのカクテル、お試しください♪

Shiori Takahashi
2017/10/31

Food Menu

20171101023919ce5.jpeg


Bar California
フードメニューが新しくなりました。

レーズンバターとガーリックトーストが
仲間入りです!!

もちろん、お酒との相性もバツグン。

ちょっと小腹が空いた時にピッタリの
フードもありますよ☆

お酒だけじゃあありません。

是非お試しください♪

Shiori Takahashi
2017/10/30

クリスマスの色へ

秋が深くなってきた。と、いうよりも、
冬の到来を感じさせる寒さです。

この時期、花屋の店頭では、クリスマスを象徴する花
『ポインセチア』を多く見かけます。

僕もポインセチアを育てているのですが、
ポインセチアの特徴である赤く色づける為の
段ボールをかぶせて夜を長くする短日処理を
面倒くさがってやらなかったのですが、
屋外で育てているので、自然と夜が長くなったのに反応して
少しずつ色づき始めた。
ポイン

ちょっと遅めの短日処理で、この先1か月くらいで、
どれだけ赤くなるのか?わかりませんが、
綺麗に見える状態でしたら、ルーシーに飾る予定です。

ハロウィンが終わると、街はクリスマスの雰囲気に変色していきます。
よいクリスマスになることを祈ります。

 Takujiro Sasaki
2017/10/29

休日

先日のお休みは家族DAY

母、兄、自分の誕生日も兼ねて
父も含めて4人でお食事。

帰りにBar Californiaで一杯。

お店に立つのとお客さんとしてカウンターに
座るのとでは見える景色が全然違う。

ボトルやグラスの並び方だったり
バーカウンターの中がキチンと整理
されているかってとっても大事。
気を付けよう。


次の日は鳴子へドライブ。

鳴子にはこんな立派な湖があったのですね。


火山の爆発によって生まれたカルデラ湖。
季節や天候によってエメラルドグリーンや
乳白色の湖に色を変えるそう。

ここでSUPのスクールも開催されているんですって。

ちゃんと温泉も入ってリラックスの1日でした。


さて、間もなく11月。
今年も残すところあと2か月。

気を引き締めて頑張ります!!!

Shiori Takahashi
2017/10/26

秋の色

台風が通り過ぎ、透き通る穏やかな秋の太陽の光を感じるこの頃。
朝晩の気温差が大きくなり、それに伴い仙台の街中の木々も色づき始めました。
標高の高い山の紅葉は素晴らしいものがありますが、
それほど遠出しなくても、身近な場所でも
綺麗な紅葉を見ることが出来るこれからの季節です。
kouyou.jpg

今は、ちょうど秋保大滝の紅葉が見ごろを迎えている時期でしょうか?
その他、幻想的なライトアップの松島の円通院の紅葉、
定禅寺通りのケヤキ並木や、街路樹のイチョウ。
北山のお寺あたりや近所の公園でも,身近なところで、
絵の具で描いたような、絵ハガキのような見事な紅葉を目にすることが出来るでしょう。

日本の四季の素晴らしさを改めて感じさせてくれる季節です。

 Takujiro Sasaki